百年目の「意匠」選定

この前のブログでも紹介したが、上記テーマのような出来事があった。

このことを大手有力紙に掲載してもらえるかと、原稿を送ったが採用されなかった。

以下はその没原稿である。

 

 

百年目の「意匠」選定

 

                                  大倉冨美雄

 

イギリスで走り出す日本の車両

日本の美しい高速鉄道車両がイングランドの野原や街を走り抜ける。それだけでも心が躍る。

この五月十五日から英国の鉄道で最新の「AZUMA(アズマ)」が営業運転を始めた。

 

鉄道は走れば辺りの景観を変え、地域のインフラにまで影響を与える。それだけに社会効果も大きいが、蒸気機関車発祥の国への他国からの、しかも日本の車両メーカーとして初めての欧州向け鉄道車両の参入となれば、その売り込みだけでも長期の粘り強い努力が要る。また現地の法制度や歴史、既存の軌道を使う場合の制約など難題も多い。

例えば日本の新幹線と違い、完全立ち入り禁止軌道でないため、車両先端に衝突の危険を和らげる装置や、接近する列車の視認性を高めるため、1㎡以上の黄色い先端表示面が求められたりするし、運転席からの視界確保にも厳しい要求がある。電化されていない区間もある。それを日立製作所の人たちが突破した。

これは結果的に全社的な成果だろうが、その具体物である車両のデザインが、この度令和元年度全国発明表彰(主催:(公社)発明協会)で「意匠」としては、実に表彰創設百年目にして最高賞である恩賜発明賞に選定され、デザイナーなどの名前も公表された。「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両(Class800)システムの意匠」である。

 

歴史が示す言葉の意味変遷

ここでは何ということなく「デザイン」と言っているが、本賞では「意匠」としている。また個人的にも、「発明」ともなれば「意匠」は添え物かも、との感もあったが、今回の件はそれを越えて、時代的な意味で画期的な英断であり、ある程度事情を知っている者として、少し状況を述べておきたい。

私が意匠部会長として選考に関わってしばらく経つが、全国発明表彰が創設された大正八年(1919年)から考えれば、当初、発明とは「電気」「機械」「化学」という専門分野のことだったのでは、との想像がつく。これに「意匠」、更に「21世紀発明賞」が加わり現在に至っているが、なぜ「意匠」が「発明」なのかも含めて議論の余地を感じてきた。そもそも「発明」という言葉が懐かしい。

発明協会によると「発明」はインべンション、あるいはイノベーションであるから当然、新しいことを提案する「意匠」も含まれるということだった。それにしても電気、機械、化学分野が求める発明とは、科学的分析による合理性の頂点を意味するだろうが、意匠のベースは感性価値である。更に、前者の分類でも、その枠を越えていかないとこれまで通りの技術の分化に向かいやすいし、後者も、比較的自由に総合に向かいやすいとは言え、定性的な価値評価は簡単ではなく拡散しやすい。「発明」の内容は複雑多岐である。

 

「デザイン」の真意に至る

一方、「まだ『意匠』なんて言っているのか」とも言われそうだが、今ではこれを「デザイン」と言い換えられても疑う人は少ないだろう。でもそうなると、「デザイン」が計画の意味を持つだけに、色、形を越えて社会インフラにまで至るとするまでは、まだ新たな理解が必要かもしれない。それだけに、一般には繋がりにくいような事例を百年目にして繋げたことの意味は大きい。

今度の選定はそういう意味でも、ここで言う「意匠」が何を意味するかを具体的に伝える格好の機会になった。

そこにはハード(色、形、素材、機能、品質など)とソフト(エコ環境設定、地域特性、経済事情、時代性など)の組み合わせが控えており、それらをうまく繋げることも「意匠」、あるいは「デザイン」だということが示されている。しかし更にそれを、感性がベースであることから個人能力として経済評価の対象にするには、より日本社会としての認知力向上が必要であり、AI時代のあり方にも影響するだろう。

 

今回の成果は選考委員長を始め選定関係者の理解があってのことだが、加えて、「意匠」として応募した日立製作所の関係者の理解もあってのことは明らかで、ここに、言葉に惑わされずに時代の最先端技術と歴史的要求を飲み込める社会力の成長を見ることが出来た。「これでおしまい」とならずに、「意匠」の本質に目覚めた経営者層や関係者の一層の応募と応援を期待したい。六月十日には都内で表彰式が行われる。(NPO日本デザイン協会理事長、元日本インダストリアル・デザイナー協会理事長、建築家)

最近の出来事を報告(七夕会へ)

七夕が過ぎた。

一年に一回、集まっている会があり、8日にそれがあった。

一回なので「七夕会」とするようになったが、この集まりは、19年前に「ヨーロッパの21世紀を覗く旅」として建築設計界の有力者たちによって企画されたものだった。

とても思い出深い旅で、これを機会に毎年一回集まろうということになって続いている。

それにしてもかなりの人たちが亡くなっている。まとめ役をやっている建築画報社の桜井旬子さんが、徐々に知人をつぎ込んできたが、旅の生き残りとしては、いつの間にか自分が主役の一人になってきている。

そこで、出席するからには近況報告でもしようということで、最近の記憶に残る出来事をメモして出席者に渡したのが以下の記事である。参考までに添付する。

なお、3項で言っている「没原稿」は、この後、添付します。

 

 

七夕会の皆様への近況報告                   大倉冨美雄 

  

1・軽井沢はどうなる?

マツコの番組で軽井沢を紹介していて「いいわねえ」と言っていたが、万平通りに土地と別荘を持っている立場では、これからどうしようと、楽しいが悩んでいる。

希望としては築45年のスエーデン・ハウスが健在なので、リノベして1階はミニ・ギャラリーにしたいのだが、一度来たら、もう来る人がいない?では困るし、管理の問題もある。

 

2・神田順さんとセミナーして

大田区長に立候補して落選。東大名誉教授にしては青臭いところが縁なのか、今年も当方企画のNPO日本デザイン協会セミナーに参加して頂いた。テーマはご本人が言い出していた「イタリアン・セオリー」を、この国の問題視点から解き明かそうというもの。担当の建築家協会デザイン部会長が「日本型規制社会と知的生産」という難しいメイン・タイトルにしたが、関心ある人には興奮を与えたようだ。近々、協会HPにアップされる。

 

3・百年目の「意匠」での受賞

信じがたいが、権威ある科学分野専門のはずの恩賜財団発明協会に「意匠部門」があり、そこが大正八年(1919)以来百年目にして初めてトップの「恩賜発明賞」を頂いた。総裁は常陸宮様。貰ったのは、日立製作所のイギリス向け高速鉄道車両のデザイン。インダストリアル・デザイナー協会理事長経験などから現在、私が意匠審査部門長をしているが、この経過を新聞発表にと送ったが採用されず。その没原稿を一緒に着けます。

 

4・レオナルド没後五百年

こういう期に乗ろうとしているわけではないが、レオナルド・ダヴィンチは昔から、勝手を知っている盟友のように思ってきた、というのは自惚れもいいところか。

文芸春秋7月号のエッセー欄に、塩野七生さんが上記見出しで書いているが、親近感を覚える。

彼女は、卒論のころから「世の中には天才、秀才、一般人しか存在しない」という想いがあったとのこと。それに自分を合わせていく内容だが、「自分の仕事場に、『死ぬか生きるか、命のやりとりをするような維新の志士の如き烈しい精神で文学をやってみたい』という夏目漱石の一文が貼ってある」。「これが、まだ生きている間はマネしたいと願っていること。そして死が近づいてきたら、今度はレオナルドに登場してもらう」と。

「『うまく使った一日の後には快い眠りが訪れるのに似て、うまく使った一生の後には安らかな死が訪れる』

悪くないでしょう。マネすると言ったってそんじょそこらの才人の真似ではなくて、超一流の人のマネなんですから」。

羨ましいですね。こちらも頑張ろうか。                20190708

現代にダ・ヴィンチを連れてくる

ダ・ヴィンチについての映画を見た。イタリア文化会館でなので、今後、一般のアート・シアターで見れるのかどうか。

難しい映画だ。やたらと尭舌なレオナルド本人が出てきて、現代のジャーナリスト2人の質問に答える、という時空を超越したシュールな構成になっているが、ストーリー・テラーとしての映画の出来は不明だ。

時代も「つれてくる」のだから、映像製作上の逃げ手なのだろうが、画面は室内か、洞窟、あるいはそう見える協会内のような所で、いつも薄暗い。というより真っ暗だ。彼が最後に住んだ城館の中という想定なのだろうが。

画面が表す中世的な雰囲気は、ある種の、かの時代の気分を実感させてくれるものがあるので、厳粛な気持になるが、表記された日本語訳を読んでいるうちに画面が変わってしまうシーンが少なくなく、なかなか追いつけない。もしかすると日本語訳が的確ではないのかもしれない。それほど言っている言葉は、理解するのが難しい内容だ。あるいは監督が、映像と言語の乖離に無頓着だったのかもしれない。

画面の中世的な雰囲気で言えば、もしダ・ヴィンチが、臭気の中で死体を解剖したとしたら、凄い執念か、むしろ狂気の沙汰のようにも感じられ、ここまでやるなら付いて行けない、という気持ちにさせた。そういう実感のようなものを見せた点では成功だろう。

 

 

 

記録

温度差の激しい日々。今日の日曜日は久しぶりに清々しい。

息子が細君と千寛(ちひろ)を連れて再来宅。5キロになったという。抱いていると、それだけでかわいい。

父の日の花も貰う。

 

夜には、パリのオーランジュ美術館に保管されていた、松方コレクションのうちのモネの睡蓮のほとんど破損した作品のAI補修経過がテレビ公開されていた。

これほど執念を持って睡蓮の大画面に執着してきたモネの心情はよく理解できるが、やはり時代のなせることだったのではないか。情報の多すぎる現在は、モネのように一点に取り組む画家の心理は見え透いている。

それでも一点でも、自分の世界を代弁する「傑作」が残せなければ、クリエイターとしての象徴が無くなるだろうことは実感できる。「モナ・リザ」がそれを証明している。

 

昨日は「みんなの空き家活用とまちづくり」(もうひとつの住まい方推進協議会(AHLA))のセミナーに参加。いい企画だが、もう自分が核になってやることではないとの実感。応援はする。それにしても家内も「もう我が家には空き家の問題は無いでしょ。他にやることがあるはず(気まぐれにやっている絵画教室での絵を個展にするとか、事務所を整理するとか、自分のことを考えろ、ということ)」で口論に。

それでも名刺を交換した人の何人かに文章を添えて、「クリエイティブ[アーツ]コア」のちらしを送ったが空しさは消えない。送るなら、それだけ反応のありそうな人に、一対一の対面で、ちゃんと気持ちの伝わる文章を添えて出なければ意味が無い、という実感は消えなくなっている。

 

自分のやっていることが、自己宣伝のようなら止めた方がいい。

この世に役立つような内容なら、誰でも関心を持つだろう。

自分が「美と知を繋げる」仕事をしてきたのは貧弱な文章ながら、ほぼ表現してきた。これも家内の言葉だが「もう新しいことは言っていない」と。もう一つ。「あなたには文章の才能はない。(絵とか建築作品の方で)自分を表しなさいよ」とも。ある意味では、もっともなことだ。

これからは、ここでの記録は別にして、公知に値するような言葉を選んで、安らいだ気持ちで発信したいと願う。

創造する者としては明らかに転機に来ている。

 

近況の軽い説明

ブログのためにはつらい日々

 

説明このところ、人生の転機になりそうな意識や環境状況がぽつぽつと表れているが、どうもブログを転換してから、書く気にならない心理状態が続いている。

ウォルター・アイザックソンの書いた近訳書「レオナルド・ダ・ヴィンチ」にもあったが、ネット・メディアは結局、残らないという。そんな情報も加わって、デジタル・データとしてのブログを書く意欲を削がれてきているのも確かだ。

それに関してもう一つは、最近、ワードでA4、60ページほど積み上げてきた「個人記録」を、公的記録と私家版ように分けようとしてタイトルを捜査しているうちに、全部消えてしまったショックも大きい。40ページほど取ってあったプリントを頼りに復刻しているが、げんなりしている。

 

そんなことから書く気が無くなっているので、とりあえずメモでいいから、気になることを記述しておくだけにする。

 

今日6月9日、テレビで「木喰」を遣っていたが、その生きざまについては学ところがあると感じた。全国行脚を始めたのは55才頃。定住の地を定めず92才まで生きたというのだから驚き。ある意味での「師」となりそう。1718(享保3)~1810(文化7)。廻国修業は1773(安永2)から。

円空(1632~1695)のことを知っていたらしい。柳宗悦(むねよし。1889~1961)の再発見とは、今頃知って恥ずかしい。

 

今日まで待ったが、朝日新聞での掲載はなさそう。

発明協会での、「百年目の『意匠』選定」を記事にしたことへの反応だ。この記事は数日のうちに、ここに転載したいと思っている。

夕方、家内の了解のもと、日経新聞社会長に手紙を送った。

 

今日午後、息子と嫁が初めて初孫の千寛を連れて来宅。孫を食卓のそばに寄せたソファに寝かせ、昼飯を一緒に食べた。生後2か月になる。

 

自宅にエレベーター設置可能か考えていて、プロセスとしてはそれなりに場数を踏んでいるが、数日前に内装業者から「迷惑になりそうなので・・・(見積、施工受注は難しい)」との連絡があった。それでも「3F床を検査のため、切るなどして、詳細・具体的な見積もりまでだしてもらえれば。そこまでの経費は払う」と伝え、返事待ち。

 

 

 

 

「ラファエル前派の軌跡」展を見て

いい展覧会だった。

家内が嫌がっていたように、一見、この展覧会の見せ場は、ロセッティの描く「運命の女」(主役はモリスの妻である場合が多い)を並べることではないか、と思われがちだったが、やはり違っていた。

その分ではいいのだが、一通り見て、また戻り、念のために音声ガイドも借りてもう一度見てみたが、発生順に絵画を展示しても歴史の必然がなかなか読み込めない。

見えるもの(絵画や家具、テキスタイル)を並べるだけでは、必ずしも開催主旨の全容がうまく伝えられるわけではない、と言うことが実感できた展覧会だった。

ラスキンの想いがモリスにまで繋がるには、見せる展覧会だけではダメで、ラスキンの考え方の分析から始めて、相当深くまでこの時代の歴史と哲学、宗教まで、現代語訳しなければならないと実感した。結局、6時の閉館まで、2時間近く見てみた結論である。

それでも解読すべきは、モリスではなくラスキンである、ということが得られた大きな収穫だった。

「再び、レオナルド・ダ・ヴィンチの世界が来る」

令和元年の夜明け、5月1日朝6時。寝苦しい夢を見て、起き出した。

この鬱陶しい夢の話は,身内の争議だから後にしよう。

そこから思い上がり、考えついたのが上記のタイトル。つまり次に書くべき本、すなわち考えの表題だ。

ダ・ヴィンチ」は例え。一般人にも判る言い方として、これほど解りやすい固有名詞は無いだろう。日本人に比較できる人物が思いつかないのが残念だが。

生まれて生きている間、何か表現せずにはいられないのが人間。その人間心理に近いところで表現が可能なのが言葉。しかもポータビリティがいい。その最高なのが短歌や俳句かもしれない。特に自作短歌の紹介番組を見て、改めて短歌への想いが増した。

それに引き換え、美術、特にデザインや建築となると、保存や維持がただ事ではないから、よほど的確な才能が無ければこの地球にゴミを生み出すだけになる。それはモノを残すという考え方からだが、ビジュアルと図面データとして残すことが出来れば後世に再現は可能になる。

その上で大切なのは、芸術の歴史的転換点からの言動であろう。その意味で、今、クリエイティブ系諸職能の統合、その道に沿った生き方の提示は最重要な言動と言うことになる。その解りやすい実例がレオナルドだろうということだ。

シンギュラリティの行きつく先にあること、人間の尊厳に関わる問題がこれだ。そしてこの事こそ、自分が言い残さなければならないことだと自覚した。